教育訓練給付金制度についての説明

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

教育 補助金み

ビル

教育訓練給付金制度についての説明

教育訓練給付金制度とは、今、働いている労働者や仕事を辞めた離職者が、厚生労働大臣が指定した訓練講座を受講して、終了したとき、その訓練施設に払った費用を国が一部補助金を支給する雇用保険の給付制度です。これを受けることが出来る人は、二種類に分けられ、一つは、一般教育訓練給付で、受講開始日から今まで雇用保険の被保険者の期間が3年以上を経過していることが条件になり、初めての人は1年以上、前回の訓練給付を受けた人は3年経過が条件になり、払った費用の20%の補助金がでます。10万円を超えた場合は10万円になり、4千円を超えない場合は、給付されません。もう一つが専門実践教育訓練給付こちらは、受講開始の日から今まで雇用保険の被保険者の期間が10年以上で、初めての人は、2年以上になり、前回、受講をしてた場合は、10以上の経過が条件で、こちらは、費用の40%の補助金がでて、32万以上のときは、32万円が支給され、4千円を超えない場合は、支給されません。